お葬式の多様化の中に生まれた家族葬や直送

お葬式の形というものは時代と共に変革を遂げています。今は葬儀場と呼ばれる場所を借りてお葬式を行うのが主な形となっていますが、以前はお葬式と言えば自宅で執り行うのが主流でした。昔は近所付き合いなども現在より盛んであり、一戸建て住宅に住んでいる方が多かったため、近所の方々が協力しあった上でお葬式を家で行うことが多かったのです。

しかし、今は場所を確保することも難しいですし、そもそも家の中に多くの人を招けるほどの広さがない上、家でお葬式を行うとなれば近所の方々にも協力してもらう必要があるため、なかなか実現するのは難しくなっています。そのため、どこかの会場を借りてお葬式を執り行うことが主流となっています。もちろん今の時代にも自宅でお葬式をしている人はいますが、やはり以前と比べれば少なくなっており、葬儀業者などが貸し出している会場を利用しているケースが多くなっています。

そして、そこから更にお葬式は多様化しており、参列者を限定したお葬式なども多くなってきています。以前であれば会社の同僚や友人知人など、多くの方々に故人が亡くなったことを伝え、その上で自由に弔問いただく形が主流でした。しかし今は家族だけで行う家族葬なども主流になってきています。家族葬とは、文字通り家族だけで行うお葬式ということになりますが、それ以外にも家族と親戚だけで行う形などもあります。つまりお声がけする方を限定して、家族がその対象者を決めた上で参列してもらうお葬式です。そのため、余計な気遣いなどもなく故人とのお別れの時間を確保することができると言われています。

さらに家族葬の場合には、費用もリーズナブルなのでその点からこのタイプを選んでいる方もいます。また、リーズナブルにさらにこだわる方の場合、直送という形を選んでいる家族もいます。通夜や告別式などを省略して火葬場に直接向かう形を直送と言いますが、このケースの場合には費用は大幅にダウンされるため、この形を選ぶ人も多いのです。このようにお葬式の形は多様化していますので、自分たちで最適なものを選びましょう。