故人が家族葬や直送を望むケースも多い

多様化しているお葬式の形式ですが、そもそもお葬式の形は故人が遺言で残しているケースや、生前に家族に伝えていることも多いものです。人それぞれに考え方があり、価値観があります。だからこそ自分のお葬式の形をあらかじめ記しておいたり、口頭で伝えているケースもあります。そのような意向を受けた家族がその希望通りにお葬式を行うことが増えていますが、今はその意向の中で直送を選んでいる人や家族葬を選んでいる人もいます。

会社勤務の期間が長い方のお葬式を行うとなれば多くの人が参列することが予想されるのですが、お葬式を出す際には大々的なものではなく、ひっそりと静かにしてほしいという意向を持っている方もいます。立場などに関係なくこうした形を選ぶ人も増えています。さらに言えば、大勢の方を招くお葬式を執り行う場合には家族に負担をかけると考えて、あえて家族葬という形を指定している方もいます。大勢の方が参列する可能性のある立場の人だからこそ、このような形を選ぶこともあるのです。

たとえば会社の上層部、芸能人などの中にもこうした形のお葬式を選んでいる方もいます。以前であれば盛大なお葬式が当たり前だったこうした方々でも、家族が苦労することは回避したいと考えることもあります。また、家族葬の中でも直送という形を選ぶ人も増えています。お葬式をすればそれだけで家族に苦労をかけると考え、自分の死後はそのまま火葬してもらい、荼毘にふしてもらえれば構わないと考えている人も多いのです。

もちろん、考え方は人それぞれなので大々的な形のお葬式をしてほしいと希望する人もいますが、家族葬で終わらせたい方や直送という最もシンプルな形で終わらせたいと希望する人もいます。このように考え方はそれぞれ異なりますので、家族と一度こうした話をしておくことも大切と言えます。お葬式の話はタブーだという人もいるでしょうが、必ず人間はいつか最期を迎えます。お葬式の内容について意見を交換しておくことは必ずしも悪いこととは言えないのではないでしょうか。