家族葬や直送の最大のメリットは何か

いわゆる家族葬や直送は今の時代、多くの家庭において選ばれているお葬式の形です。このようなお葬式を選ぶからには、それぞれの家庭がこうしたお葬式の形に対して魅力を感じているからですが、最大の魅力は静かに故人を見送ることができるということです。家族葬ならば家族だけが故人と共に過ごすことができ、堅苦しい挨拶などもなくアットホームな形で最後の時間を過ごすことが可能です。さらに直送も同様で気遣いなどもなく、静かに最後の時間を過ごすことが可能です。

一般的なお葬式の場合、弔問客への対応に遺族が追われてしまい、落ち着いて過ごす時間を確保できない上に、故人との最後の時間をゆっくりと過ごすこともできないと言われています。その点、家族葬や直送であれば弔問客と呼ばれる方々はいないわけですから、こうした時間をしっかりと確保することができます。家族がこうした過ごし方をしたいと希望したり、故人本人がこうした形を希望していた場合に、家族葬や直送という形は選ばれているのです。

さらにもうひとつの魅力と言われるのが費用に関することです。お葬式を執り行うとなればどのような形であっても費用はかかります。しかし、会場を借りて大勢の方がやってくれば、料理やお酒、お返しなどでかなりの金額が出ていくことになります。もちろん、お香典を受け取ることも可能ですが、お礼なども考えるとかなりの支出があることとなります。

その反面、家族葬や直送という形ならば費用も最低限で済ませることが可能です。家族葬や直送という形であっても葬儀業者に依頼する必要はありますので、無料で済ませるというわけにはいきませんが、十数万円で終わらせることもできるなど、葬儀業者もリーズナブルな価格で設定していますので、お葬式にお金をかけたくないという考え方を持つ人にとってはありがたい形となっています。人それぞれの価値観がある中で自分らしい最後にしたいと考える人も増えてきているわけですから、これからお葬式を行う際にはこのような形のお葬式にも目を向け、検討してみるとよいでしょう。